LINEで簡単!無料相談

  WEBで手軽に!無料相談

【返金実例】本当にあった詐欺被害【占いサイト詐欺編】│丹誠司法書士法人
注目キーワード

【返金実例】本当にあった詐欺被害【占いサイト詐欺編】

※こちらの記事は2024年6月22日時点の所内情報等にもとづいて書かれています。

丹誠司法書士法人では、詐欺被害に関するさまざまなご相談・ご依頼をいただいております。
その中から、実際にご依頼いただいた事件の被害回復事例について、ご紹介いたします。

依頼者情報(占いサイト詐欺被害者)

<依頼者:Gさん>
被害内容:占いサイト詐欺
性別:女性
年代:70代
決済時期:2023年9月~2023年10月頃
被害認識時期:2023年10月頃
弊所依頼時期:2023年10月頃
被害額:64万円(銀行振込64万円)
返金額:45万円(現金45万円)

相談内容【占いサイト詐欺】

ネットサーフィンの最中に見つけたブロガーHの記事を読んだところ、「人生を切り拓くことができる」などとおすすめされていた悪質占い詐欺サイトIを知りました。

ブロガーは「悪質占い詐欺サイトIを使ったことで大金が手に入ったため裕福な生活を送っている」などと発信していました
サイト登録は無料だったため、試しに登録してみることにしました。

登録後、鑑定士を名乗る人物たちから下記のようなメッセージが届きました。

  • 「きょうからの3日間で、占いサイトIが保有している10億1880万円のうち、最大8億円を獲得していただきます。」
  • 「最大8億円を獲得するには、適切なタイミングが必ずあり、それを教えます。」
  • 「タイミングを知るには、有料メッセージのやり取りをしていただきます。」

単純に受け取るわけではなくタイミングを合わせる必要があることなどを言われ、信憑性が高いと信じたGさんは、有料メッセージのやり取りをすることを決めました。
有料メッセージを送受信するには、指定された口座に現金を振り込んだ上で、悪質占い詐欺サイトI内でポイントを購入する必要がありました。
Gさんは鑑定士を名乗る人物たちの指示に従ってポイントの購入を続け、メッセージのやり取りをおこないましたが、8億円が手に入るタイミングは、一向に教えてもらえませんでした。

ある日Gさんの自宅に訪れたご家族が異変に気づき、事件が発覚し、弊所にご相談されました。

関連記事

※こちらの記事は2023年10月20日時点の法令等にもとづいて書かれています。 丹誠司法書士法人が取り扱いする悪質出会い系詐欺サイト・スマホ副業詐欺等の悪質業者(以下、「悪質出会い系詐欺サイト・スマホ副業詐欺」といいます)が支払手段と[…]

被害急増中、銀行振込と収納代行の仕組みを解説

交渉結果【占いサイト詐欺】

  • 64万円のうち45万円を現金で返金

上記のとおりに、7割超えの返金が叶いました。

占いサイト詐欺事件に対しての所感

Gさんのご家族から被害内容をお伺いした内容から、悪質占いサイト詐欺にあわれたと見てほとんど間違いないと判断いたしました。

このとき、Gさんはまだ詐欺にあわれたと思われていませんでした。
「いまはまだ●億円を受け取れていないが、これから必ず受け取れるはずだ」と思われている状況でした。
弊所にこれまでお寄せいただいたご相談・ご依頼の実績から、悪質占い詐欺サイトIの取っている様態は、おおよそ詐欺サイトで間違いありません。
理由は、大金を受けったことがある方は一人もいないこと、そしてご依頼者様がそれぞれ返金を受けていることです。

また、Gさんが閲覧していたブログの筆者であるブロガーHは、ステルスマーケティングをおこなっている可能性が非常に高いです。
ステルスマーケティングとは、お金をもらってPRしていることを隠して宣伝をおこなうマーケティングのことをいいます。
ステルスマーケティングは、2023年10月1日から景品表示法によって規制されています。
宣伝をおこなうにはきちんとした広告表示が必ず必要です。

ブロガーHが本当に裕福な生活を送っているかどうかの真偽は、こちらでは判らないため言及いたしませんが、『悪質占い詐欺サイトIを使ったことによって裕福な生活を送ることができている』というような書き込みは、このステルスマーケティングであると断言してもおかしくありません。
人の生活には様々な要素が絡み合っていまの状況ができあがっています。
そのため、ひとつの事象、つまり『悪質占い詐欺サイトIを使ったことでいまの裕福な生活がある』ということは、一般的にはありえません。
Gさんが閲覧していたブログ記事のブロガーHは、このステルスマーケティングをおこなっている可能性が非常に高いです。

これらの理由や事実、そして弊所の実績から、悪質占い詐欺サイトIは悪質詐欺サイトである可能性が高いことを直接Gさんにお伝えした結果、詐欺被害にあってしまったのだとご自身にも気づいていただけました。
そのため、ご依頼いただくに至りました。

Gさんが悪質占い詐欺サイトIでポイントを購入する際にご使用された決済方法はすべて銀行振込でした。
証拠をもとに振込先の口座情報を調査し、収納代行会社Jを割り出すこと、そして悪質占い詐欺サイトIの運営会社Kの特定に成功いたしました。
収納代行会社Jおよび運営会社Kに対し返金を求める通知書を送付し、度重なる交渉の結果、現金45万円の返金を受けることに成功いたしました。

詐欺被害にあわれた方は、Gさんのようにご自身ではなく周りにいらっしゃる方が被害に気づくということも多いです。
詐欺被害にあわれた方を救うには、周りの協力や目配りが欠かせないものであることが言えると思います。

返金を受けることは非常に難しいことです。
一度相手にお金が渡ってしまえば、相手から能動的に返してもらわないことには進みません。
いかにして相手から返答をもらうか、返答をもらえない場合はどのように動けばよいのか、このあたりのことをよく知っている必要があります。
この部分は法的知識だけでなく、豊富な経験も重要になってきます。
そのため、詐欺被害にあわれた際には、詐欺被害を専門に扱っている認定司法書士や弁護士がいる事務所に依頼することが肝要です。

『詐欺被害にあったかも?』などと思ったり、少しでも不安を感じたりしたら、すぐに専門家に相談することが肝要です。
ご相談自体は無料ですので、すぐに相談し、その後の対応方法を仰ぐことをおすすめいたします。
丹誠司法書士法人では、無料相談をお受けいただいたからといって、必ずご依頼いただかないといけないといったことはございません。
もしご相談だけだったとしても、ご相談者様にとって一番有益であり、返金可能性が高くなる方法をお伝えいたします。

詐欺被害を解決するには、時間との勝負である側面も大きいです。
おひとりでご不安な時間を過ごすのではなく、私たちに寄り添うことをさせていただければうれしいです。

関連記事

※こちらの記事は2024年4月5日時点の所内情報にもとづいて書かれています。 「騙されたお金を取り戻したいけど流れがわからなくて怖い」「実際に手元にお金が戻ってくるのはいつごろなの?」などという疑問や不安な気持ちを抱いたことはありませ[…]